FC2ブログ

あらいぐまの悲劇

>>移転しました! リンク・ブクマは"http://clouse39.web.fc2.com/"へお願いします。

2019-01

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Author

猫間どーる
猫間どーる
本館サイトはこちらです。

このブログにリンクを貼ってる方は
お手数ですがアドレスの変更をよろしくおねがいします。


†Chat†




Since:2008/06/24

Link

RSS - ADMIN

--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.30 Mon

もがいているの? 苦しんでいるの? [*日常的雑記]
同じ種類のパンを2つ買うのって、不思議なことなんでしょうか。
普通はみんな、昼食にパンを一度に2つ買うときは違う種類を選ぶものなのかしら。
おにぎりやサンドイッチなら違う種類を買うこともあるのだけど
パンの場合は別で、同じ種類でないと嫌なのです。
別の味を食べるのが嫌というか。よくわからないけどそんな感じ。
しかしどうにも、みんな揃って「同じ種類を2つも買うのはおかしい」というのです。
…はて。これって異端なのかしら?

そういえば、明日から12月です。
もうちょっとしたら、クリスマス茶会の告知でも出そうと思うのですが
もしかしたら、企画しておきながらわたし参加できないかもしれないのです。
できればほんと1時間でもなんでも少しでも参加しようとは思うんですが
もしそうなってしまっても場所は開けておくので、皆さんだけでも適当に寛いでってくれると嬉しいです(´・ω・`)そんなことがないようには努めます、ほんと。

人間だれしも、「死んだらどうなるのか」「どこへいくのか」、そういったものを考えるものだと思います。
永遠の謎ですよ、これは。宇宙の果てよりも、海の底よりももっと謎めいた問い。
あの世があるとか、天国へ行けるとか、生まれ変わるとか。
そういえば、魔王陛下が「永遠に死ぬことはない」って説を以前書いていたけれども、それに少し似ているものになるのかな?

そういった、「人が死んだらどうなるのか」という誰でも考えるような問いを、今日、朝からずっと悶々と考えておりました。ツイストドーナツを食べながら。
ようは暇だったんですよ。
わたしが考えていたものは、世間で言う「輪廻転生」といったものとよく似ている。
似ているけれども、「死んだ時間より先の未来へ、赤子として生まれ変わる」といったものではなく
死んだ時間よりも過去、もしかしたら同じ時間同じ場所に転生するという可能性。
例えばわたしが40を過ぎ、事故でもなんでもいいけれど死んだとする。
その死んだ瞬間、視点が切り替わり、「17歳の私であった存在の友人」として、私であった存在と会話している瞬間に目を覚ますかもしれない。
勿論私であった頃の前世など覚えてるはずもなく、記憶も経験も何もかも、私の存在であった友人のものにすり替わっている。
例えば、わたしが駅のホームに落ち、電車に轢かれて死んだとする。
その転生先が、丁度私であった存在が轢かれた場所にいた会社帰りの人間かもしれない。私であった存在が落ちる瞬間を、転生した私は見ているかもしれない。
もしかしたら、ずっと過去の、例えば中世の時代の騎士にでも生まれ変わるかもしれない。
自分であった存在の親として生まれ変わるかもしれない。
言うなれば、この世に存在する全ての生物が自分の前世であり、来世であると言える。

時々感じる「デジャヴ」というもの。
これはもしかしたら、前世に実際にその瞬間に居合わせたからこそ感じるものなのかもしれない。

時間という存在を証明はできるのだろうか。
来世や前世に未来も過去も関係なく、
前世はもっと未来の人間かもしれないし、来世は過去の人間かもしれない。

勿論肉体を共有しているという意味ではないのです。
死体や骨なんてものはただの物体であり、意思をもたない。
その物体が思考を止め意思を持たないただの物体となるその瞬間、別の生きている物体へと繋がる。
その繋がりを延々と繰り返し、今この世界が確立しているのかもしれない。




それとは別に、遺体となり骨となっても、意識を持ち続けるものかもしれない、とも思う。
言うなれば植物人間?そういったものに酷似した状態。勿論心臓も止まり脳の思考も停止しているのだけれども。
音も聞こえず光も届かず、温度さえも感じずにただ意識だけがそこにある。
そうなってしまえば自分は死んでいるのか眠っているのかさえ区別がつかないのか?


にしても「かもしれない」が多すぎる文章になってしまったかもしれない。
断言できないのだからこう言うしかないのだけれども。
きっとこれと同じような考えはもうずっと前に本にでもなっているのかもしれない!

2009.11.30

シン [#Nz6ZSwLs]
前者の想定を読んでゾクッとした。
面白いな。
何か話作れそうじゃない?(笑)
 EDIT

2009.12.01

猫間 [#-]
>>シンさん
しかし 話を作るだけの 能力が なかった!!
 EDIT

2009.12.04

シエル [#-]
変じゃないと思いますよ。私もたまに同じの買いますし。
同じじゃなきゃ嫌ってことはないですが^^

考えますよね。
私の場合は時間というものの流れが絶対的なものだと思っていないので、輪廻もまた時間に縛られないものだと思ってるからそう考えちゃうんですけど(^^ゞ
 EDIT

2009.12.05

猫間 [#-]
>>シエルさん
やっぱり買いますよねえ。毎日同じってわけでもなく日によって種類は違うのだけど、何でだろう・・・(笑)

同じく、似たようなものです。(´-`)
どうやってもこればっかりは証明のできるものではないので、ほんとに色んな考え方できるのが面白いです。
 EDIT
 

Trackback URL

Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。